未確認歩行物体
東方香霖堂などが好きなケダモノの住処
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうかん
魔法の森の入り口にある香霖堂。店主は今日も本を読む。

「貴方にも出来るお手軽な召還術……どれどれ」

今日手に取っていたのは、召還術についての本だった。
物は試しと、暇なのをいいことに試してみる。無論客の来る気配など、全く無い。

「手順は簡単。相手を迎えるための状況を用意した状態で来て欲しくない相手を思い浮かべる、か」

霖之助は考えた。ここは店。他人を迎えるための準備、即ち概念は既に出来上がっている。
これを客を迎え入れる発動式と見立てて、来て欲しくない相手を思い浮かべる。
例えば霊夢のように品を強奪していく相手―ー

「霖之助さん、お茶をもらいに着たわよ!」

術は成功したようだが、これは単なる思い込みではないか。
そんな事を呟きながら奪い去られていく茶葉を防衛すべく、巫女である博麗霊夢との交渉に入るのであった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ponkotsutanuki.blog4.fc2.com/tb.php/4-8c645f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽんこつたぬき

Author:ぽんこつたぬき
春が来たら冬眠から覚める獣。
リンク、転載は許可無しでも可。

小説っぽい何かが読みたい人は
東方タグを押すと楽です。

twitter -> ponkotsutanuki



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ありがたい来客者



ブログ内検索



RSSフィード



素晴らしいリンク先

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。