未確認歩行物体
東方香霖堂などが好きなケダモノの住処
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りさまは蛙様で...05
ぺとり、と何かが顔に張り付いた。顔の上を動き回って、むずむずする。
触れてみると、ひんやりと冷たく、そして……動いている!
「うおわっ!?」
ぼやけた視界に、物体Xがジャンプしている光景が飛び込んできた。
眼鏡をかけてしばらく待つと、ようやくそれがカエルであることが認識できる。
「起こしてくれたのかい?どうもありがとう」
カエル相手に皮肉を言っても通じないことは承知している。最悪の寝覚めだ。

雨がやんでいた事に気がついたのは、目が覚めてからだった。
鬼の酒に付き合わされて酔いつぶれた――もとい、酔いつぶされた結果だ。
日帰りできることには期待していなかったが、このような形になるとは不覚だと思う。
酒が残っていないのは酒そのものが良かったからなのか、早々につぶれたからか。
「お、起きたね。鬼を前にして堂々と寝る度胸、気に入ったよ」
目の前に居る鬼は、迎え酒と称してさらに飲んで、けろりとしていた。
起きて早々信じられないものを見た気分だ。

「朝餉(あさげ)なんて気の利いたものは無いからね」
「おかまいなく」

お世辞にも快適な寝床とは言いがたい場所であったが、火が焚かれていたお陰で
寒さに凍えて目が覚める、というような事は無かった。
雨に濡れた荷物は一通り乾いていたし、寝てしまえば幾らか体力も戻る。
体調が整えば、周囲を見回して状況を整理する余裕もできるというものだ。
まったく、温泉めぐりなんてものはするものではないと感じる。

「そういや温泉に行きたいんだっけ?間欠泉ナントカって場所があるから、
 通りを抜けて、そこに行けばいいんじゃないかな。」
寝起きの体を捻ると、ボキボキと小気味の良い音が全身に響いた。
「それは良い事を聞いた。無事に温泉に入った後で上に戻れたら感謝しますよ」
「感謝よりも形が良いねえ。酒とかさ!」
苦笑いとも愛想笑いともつかない笑顔で返事をして、荷物を背負う。
僕はこの先にあるという、その間欠泉ナントカをを目指すことにした。

この土地においては人里とは勝手が随分違うものだから、案内板などという
気のきいたモノなど期待できようはずもないと思っていた。
だが歩いていくと地下の奥の方に大きな建物があり、あんがい開けている。
間欠泉というのだからお湯やら煙やらが出ていると思ったのだが
どうにもそういうことではないらしいようだ。
通りにいる黒猫がこちらをみて、鳴いたような気がした。
軽く不吉だなと思いながらも歩を進めると、やがて不思議な建物がみえてくる。
ここが間欠泉の建物なのだろうか?確かに暖かいし、人の手が入っているようだ。

「しかし、誰もいないとはどういう事だ?営業時間が終っているのだろうか…」
カエルも一緒に鳴いているが、声がむなしく響くだけだ。
微かに暖かい風が頬をなでるようにして外に吹いている。
その温度だけが、どこかに熱源があることを証明しているようだった。
この熱源を辿れば目当ての場所にたどり着けるという推測を立てた僕は
風の流れてくるらしき方向に歩いていく。見えるのは、中庭だ。

「どちらさま?」

フリップフロップ、と足音がするので振り返ると少女が一人立っていた。
赤みがかかった紫色の髪と、不思議な装身具を身に纏いどこか眠たげな目。
装身具にある瞳と対照的であるが、どこか遠く深い場所を見ている用に見える。

「ああ、すいません。温泉に入りに来たんですが間欠泉の場所を伺おうかと」
「単に源泉かけながしを目当てに来た割にはここがどこだか知らないようね?
 地霊殿の管理するのは旧地獄。ここは本来、死後の世界だというのに。」

いきなりの刺々しい口調にはいささか面食らってしまった。
だがここが死者の国だという割には、それらしい何かを見かけた記憶は無い。
生きながらにして死者の国に来るなんていうことは滅多にできることではない。

「『これは面白い事になった』ですって?貴方は少し地底を甘く見すぎている。
 自己紹介が遅れましたね。私はさとり。この地霊殿の主です。
 私には一切隠し事は出来ません。私には貴方の心が丸見えなのです」」

そういえば、そんな妖怪がいると知っていたような気がするし、知らなかった気もする。
とにかく心が丸見えだというのなら話が早いので、どうすればいいのかご教授願いたい。
「喋ることをサボらないでください」
冷ややかな視線があびせかけられる。
「……失礼。いや、本当に温泉目当てで来ただけなのですが」
「呆れた……よく無事に来れたものですね。『意外と何もなかった』ですって?
 貴方、自分の幸運にでも感謝したほうがいいと思いますよ。
 温泉は中庭から行ける間欠泉センターにでも行けば入れますので、そこからどうぞ」
「おや、いいのかい?」
「ここまで来て何もないというのも気の毒ですし、まだ話せる方みたいですからね。
 終ったらペットに出口まで案内させますから、そこから帰るといいですよ。来た道は危ない」
「ご親切にどうも」

そんな道を通ってきたか?と振り返るが、確かに歩いて戻るとなれば一苦労だ。
素直に申し入れを受けることにして、僕はそのまま更に地下にあるらしい間欠泉センターまで歩いていく。
こういうとき、空を飛べることがどれだけ素晴らしいのかに思いを馳せる。
とはいえ、飛びたいから飛べるようには世界は出来ていないのだけど。

「お風呂に入りたいのか空を飛びたいのか、どちらかにしてください」
「隠しても無駄らしいので素直に言うと、どちらもだ。あとは店にある謎の式がだね……」
「……はぁ」


つづく

久しぶりに更新しようと思ったら時間がエラいことに…
いけませんなぁ。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ponkotsutanuki.blog4.fc2.com/tb.php/173-548e609b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽんこつたぬき

Author:ぽんこつたぬき
春が来たら冬眠から覚める獣。
リンク、転載は許可無しでも可。

小説っぽい何かが読みたい人は
東方タグを押すと楽です。

twitter -> ponkotsutanuki



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ありがたい来客者



ブログ内検索



RSSフィード



素晴らしいリンク先

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。