未確認歩行物体
東方香霖堂などが好きなケダモノの住処
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りさまは蛙様で...02
僕の身体は宙を舞った。

別に意図して空を飛んでいるわけではないし、巫女のような能力は無い。
しがない道具屋である僕がそんな状態を維持するための条件は簡単だ。
ほんの少しの迂闊さをもって、崖っぷちで足を滑らせればいい。

といっても空を飛んでいるのはわずかな時間で、やがて僕は地面に落ちる。
このまま腰をしたたかに打ち付けて動けなくなることを覚悟していたが、
意外なことに次の瞬間、僕は水中の中にいた。
ドスン、ではなくてザブン。温泉に入る前の水浴びとは恐れ入る。
地下水はひんやりと冷たく、夏ではないことが少し悔やまれた。

僕は持ってきた道具を落とさないように気をつけながら泳いで岸を探した。
暗闇の中で岸を探すのは並大抵の苦労では無かったが、流されるうちに
何とかそれらしき場所に辿り着くことができる。

岸で手持ちの道具に欠けが無いかを手探りで探しながら、ふと自問する。
「ここは、こんなに広い空間だっただろうか」
答える者はいないが、自分の知る知識においては、これほど広大ではなかった
……と、思う。確証は持っていないが、この広さはいささか不自然だ。

封印が施されていた形跡も無い。本当に封じる気があるなら、存在すらも
隠匿しきるような妖怪に心当たりがあるのだが、止める気配も無かった。
それほど『彼女』が暇ではないだけなのかもしれないが。

さて、ここからずっと岸を歩いていけば地獄にでもいけるのだろうか?
灯りを点すのにうってつけな道具を持ってきたので、それを取り出してみる。
ヒカリゴケの一種で、これは知り合いの魔法使いが作った改良種だ。
彼女に言わせればカビもキノコもコケも親戚らしいが、とても同じには見えな

い。
だが暗闇の中では実にありがたい光となって道を照らしてくれる。
濡れたからといって別に光源としての機能が損なわれた様子は無かった。

どちらに向かったものかと思案すると、懐から蛙が飛び出した。
そういえば連れてきていたな、と今更ながらに思い出す。
「ああ、すっかり忘れてたよ。無事なようで何よりだ」
本心はどうでも良かったので棒読みの台詞のように呟いた。
抗議してるのか、ちいさく何度も跳ねてケロケロ鳴いている。
「そんな事を言われても、僕にはわからないな」
逃げるときは逃げるだろうと肩に乗せて歩くことにした。

しばらく歩くと、なにやらチラチラと光るものが見えた。
次に空を切る音。そして頭部に向かって何か飛んでくる……
ので、当然のように避ける。わざわざ当たる道理は無い。

「きゃあ!」

回避した結果、彼女を支配する物理法則に基づいて運動エネルギーを遺憾なく発揮。
そのまま岸辺を転がり水に落ちて、桶に入った少女は緩やかに流されていく。
かわいらしい悲鳴がキンキンと洞窟の中に響く。これが地底。恐ろしい場所だ。
何か溺れているが知ったことではない。どのような事情があったのかは知らないが
僕はあくまでも温泉に入りにきたのである。

「た、たすけ……ぶくぶく」

彼女は自然法則に従い、そのまま川に沈みそうだ。桶を捨てて逃げればいいだろうに。
ケロ、と蛙が鳴いた。本当にそれでいいの?と言いたげに。どうでもいいと言えば嘘だが
どう前向きに考えたところで、助けた直後に襲い掛かられる可能性は拭い去れない。
……などと悩んでいると彼女がいよいよ沈んでいったので、どうせ濡れているのだと諦め
再び水に濡れて助けることにした。泳ごうと思ったが、自分の胸くらいの深さしかない。
歩けば十分だった。

地下に来てから既に災難続きである。


つづく
スポンサーサイト
お守りさまは蛙様で...01

地下へ行ってきた話しをしよう。
別にどうってこともない、地下に行って、温泉に入った話を。

世間では巨人が出ただの宝船が空を飛ぶだの言われているが、
僕にとってみれば、さして関係もない。
ああいった異変の類は、魔法使いや巫女あたりが首を突っ込むだろう。

……さて、そもそも僕が地下に行こうとした原因は
外の書物の影響によるものだ。

『源泉かけながし』

単純な言葉だが、随分と心惹かれたのを今でも覚えている。
地下の間欠泉騒ぎ以来、温泉というのは酷く魅力的に映ったのだ。
沸かす手間も要らず、こんこんと湧く偉大なるエネルギー。
暗闇の中で灯りに誘われる虫の気持ちというのは、こういうものかもしれない。

ふと、それはある種の信仰のようなものであるのかもしれない、と考えた。
あえて大きな文字で書いてある以上、強い意味を持たせたいことは明らかだ。
人々が『源泉』を求めて温泉へと向かっている、という煽りを強調したい。

――まるで熱心な布教。
そういう仮説を立てると、個人的に温泉に入りたいという欲求とあいまって
僕としても、検証してみたくなってきた。理由はいくらでもある。
問題は、源泉の位置を考えると場所が地下になるということだ。

地下は単純に危ないが、幻想郷で温泉の湧いている地下となると
危ない、という言葉に別の意味合いが含まれてくることになる。
なにせ地下は「地上にはいられなかった者」たちが住み着いているのだ。
男一人とはいえ手ぶらで出かけるには、あまりにも物騒すぎる場所だ。

さてそうなると何事にも先達は欲しくなるもの。
書物を読むと『日帰り』という言葉が何箇所か踊っていることからも
やはり時間を割いて行くという点にはリスクを感じる人々が多いのだろう。
つまり『源泉かけながし』は出発から帰還までに要する時間の短い方がいい
ということだろう。

危険について考えると、地下が持つ性質上、地上と違い
いつ出かけても変わらない危険がある、という妙な安定感がある。
つまり、こちらの都合で出かけても問題は変動しない、ということだ。

僕はこの時点で、地下への入り口までの危険を考えて、早朝に発つ事にした。
計画というものは立てている時が一番楽しい、と何かの本に書いてあったが
まったくもって同感である。


かくして、僕は温泉に入るためだけに、早朝に地下への入り口に立っていた。
来て早々に後悔していたが、今更引き返す道理もないので進むしかない。
万が一何かあったときは、あの神様曰く『お守り』という、この蛙が
何とかしてくれるものだろうか?
生憎と蛙が答えてくれるわけではないので、その場が来なければわからない。
用途とやらも、生き物相手では上手く働かず首を傾げるばかりだ。

「まぁそう言わないで」と言いたげに、蛙が鳴いた。
どこかあの小さな神様を思い出させるその鳴き声に後を押されるように
僕は地下へと踏み出す。


(つづく)
ホコリだらけ。
埃だらけになった店内で、店の主であろう男が、店内にはたきがけをしている。
舞い上がる埃に思わず顔をしかめるが、それでも手を止めようとは思わないようだ。

「時間の経過とは恐ろしいもので、埃や汚れはとても正直者だ……ああ、虫もね」

日に焼けた『臨時休業』と書いてある板を外すと、扉の掃除にかかった。
また気が向いたら商いをしている形態にでも戻るのだろうか…
(本人は否定しているが、そのようにしか見えない)

――夏も過ぎ去った、秋の話である。


プロフィール

ぽんこつたぬき

Author:ぽんこつたぬき
春が来たら冬眠から覚める獣。
リンク、転載は許可無しでも可。

小説っぽい何かが読みたい人は
東方タグを押すと楽です。

twitter -> ponkotsutanuki



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ありがたい来客者



ブログ内検索



RSSフィード



素晴らしいリンク先

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。