未確認歩行物体
東方香霖堂などが好きなケダモノの住処
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある秋の日の光景

秋という季節を過ごす方法は色々とある。
夏の名残が失せて、秋らしい秋となった時期、鮮やかな色が山を彩っていた。
「いい色になった」
僕が紅葉に心奪われるのは、その先に訪れるものを見越してのことかもしれない。
終わりの気配。ここより先にあるのは、命果てて枯れ葉となり舞い落ちていくことだけ。
それはこの瞬間も静かに、だが確実に起こっていることを足元に積もった落ち葉が教えてくれる。

「いよう、こーりん。どうした落ち葉を見ながら辛気臭い顔をして」
などと考えていたら魔理沙が遊びに来ていた。荷物の中身は食材か何かだろう。
「やあ魔理沙。ちょっと考え事をね」
僕の中ではいい感じだったのに、辛気臭いなどと言われては立つ瀬が無い。
あんまりだ。
「どうせまた誰かに掃除をやらせる方法なんかを考えてたんだろ?」
「おい、それじゃまるで僕が悪人だ」
「困った女の子に雪かきをさせたのを忘れたのか?ひどいヤツだぜ。」
まったく、あんまりだ。

「ところでこーりん。この落ち葉を有効活用するいい案がある」
「栞でも作るのかい」
「こんなにたくさん挟んだら、本が落ち葉だらけになるじゃないか」
魔理沙は荷物を包んでいた風呂敷をほどいて、中身を見せてくれた。
芋だ。
「焼き芋か」
「焼き芋だぜ」
というわけで手伝え、というのが魔理沙の案らしい。
まったく、色気より食い気が勝るのは魔理沙だから仕方ないとしても
僕の顔を見るなり辛気臭いなどと言ってくるのは不満だ。ここは仕返しに何か意地の悪いことでも
「半々でどうだ。というか正直、貰いすぎて1人じゃ飽きる」
「よし準備しよう。魔理沙は適当に落ち葉を集めておいてくれ。僕はこれを洗ってくる」
言おうと思った僕は、どこかに消えた。今。

「焼き芋はどうして焚き火だと甘くなるんだろうな?」
焼けていく落ち葉と芋を見ながら、ぼんやりと魔理沙はそう言ってきた。
言われてみれば奇妙な話だ。直接焼けば炭になるか、味も素っ気もなくなってしまう。
「落ち葉というのは、いわば命が尽きた木だ。それに火を加えて灰にすることで
 土へ戻る流れが生まれる。これは五行相生に適っているんだ。それと関係があるかもしれないな」
「五行ってことは……霊夢なら焚き火しなくても芋を甘くできるのか?」
「自然の中にある流れに沿っていけば、僕たちはその恵みを享受できるかもしれないということさ」
他愛も無い話をしている僕らが得られる恵み。
それはたとえば、美味しい焼き芋だったりするのだろう。

「美味いな」
「ああ」
これもまた、秋の日の過ごし方なんだろう。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

ある秋の日の過ごし方
細々と書いてた東方と関係の無いものが完成したり課題に追われたりしています。
そんな幻想卿の外の話はどうでもいいかもしれませんが、何となく報告したくて。

あと、もう随分前ですがリンクの申し込みがあったのでこちらからも追加しました。
スパムコメントが多くて正直げんなりしていたのですが、おかげさまで元気になれました。
新しいサイトさんの力で自分みたいな僻地も頑張れるというものです。

……というわけで久しぶりに書いて見ました。
なぜか橙がいます。なぜでしょう。
[READ MORE...]
ある秋の光景 あるいは 妖精との契約
「りんのすけー」

チルノがやってきた。そろそろ涼しくなってきたのか最近は元気に拍車がかかっている。

「なんだい。氷付けにしたナマモノは買わないよ」
「ちぇ、じゃあいいや……じゃないよ。今日はちがうよ」

ポイ、と放り投げられたカエルが可愛そうなので、とりあえず水に漬けて溶かす。
今のところ蘇生率は半々くらいなので、後はこのカエルの運に祈るしかないだろう。
もっともチルノに氷付けにされる時点でカエルの運勢などお察しといったところだけど。

そんな作業をしながら、チルノが何をしにきたのか聞いてみた。

「どうしたんだい」
「あんね!湖凍らせようと思って、おおきい氷を平たく作ったら、しっかり浮いてんの!」

両手をぶんぶんと振ってオーバーアクション気味に状況を伝えてくれる。
どうやら平たい氷が水の上に綺麗に浮かんでいるので、上に乗って遊んでたようだ。
僕が以前、釣りに飽きて木の葉で帆掛け舟のようなものを作って流していたのを見て以来
ずっと対抗意識を燃やしていた彼女なりの成果なのだろう。

「それはすごいな。まだ残ってる?」
「消えないよ。だって、あたいがカチンカチンにしたから!」

ほう、と感嘆しておいてそのままの反応だとチルノはぐずったり暴れたりする。
それによる被害を考慮すれば、ちょっと見に行く手間など些細なものである。

「なるほど。これは中々……」
「りんのすけが乗っても割れないよ!あたいのだから丈夫だよ!」

行くと、確かに大きな氷が浮いていた。僕が自力でいかだを作ればこれくらいになるだろう。
ただ、乗っても平気だというチルノは飛んでいるのだから説得力が無いこと極まりない。

「もし割れたら勿体無いし、僕はズブ濡れになるから遠慮しておくよ」
「りんのすけは恐がりね。あたいの氷を見ただけなのにそれじゃあ、強くなれないよ!」
「強くなくてもいいんだよ」
「????」

チルノは、わけがわからない、といいたそうな顔をしていた。
彼女の価値観と僕の価値観はそぐわないものなのだろう。

「さて、見事な氷を見たし、僕は退散しよう。
 もっと冬になって大きくなったら乗せてもらおうかな」
「約束だよ!絶対だよ!」

僕はチルノとゆびきりをする。彼女の指は、細くてひんやりしていた。
小指を絡めてあの歌を口ずさめば、それが呪文となって契約となる。

「あのねあのね。草を凍らせてゴロゴロ転がると楽しいよ!」
「そうなのかい。僕は枯葉を踏むのが好きだな」

そんなことを喋って戻る、店への帰り道。
かえるが生きてるかどうかが、さしあたって僕の懸案だ。
なにせ夕飯になるか湖へ返すかの、どちらになるかわからないからだ。
最近の行動
東方とは関係のない文章を書いていました。
TRPGのリプレイを小説化しようとした冒頭部分のみ、みたいな文章です。
レポート用紙に3ページ分の分量ですが、なかなかうまくいきませんでした。

一応生きてますよ、というのも兼ねて更新しておきます。
追記に書いた文がありますので、お暇な方はどうぞ。
[READ MORE...]


プロフィール

ぽんこつたぬき

Author:ぽんこつたぬき
春が来たら冬眠から覚める獣。
リンク、転載は許可無しでも可。

小説っぽい何かが読みたい人は
東方タグを押すと楽です。

twitter -> ponkotsutanuki



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ありがたい来客者



ブログ内検索



RSSフィード



素晴らしいリンク先

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。