未確認歩行物体
東方香霖堂などが好きなケダモノの住処
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぐぐ
試験とバイトと風邪を引いてキツイ…
小説まで手を出すガッツが湧きません。
世間の物書きさんは凄いなあ
スポンサーサイト
さいなん4

「霖之助さーん」
「いらっしゃ……おや、霊夢じゃないか」

形はどうであれ品が売れたので一息ついていた霖之助は、
いつもの茶葉略奪者をいつもどおりに出迎えた。

「今日は珍しくお客が来るみたいじゃないの」
「ああ。既に2人の来客が会ったよ」

精霊を数えるなら匹の方が適当なのかな、と霖之助は思いながらも霊夢の動向を探る。
いつも通りなら霊夢は霖之助の手に入れた茶葉を、ツケということで持ち去っていくのだ。
流石に勘弁願いたいところだが、あまり厳しい態度に出ても見返りが薄いのが幻想郷だ。
代わりに札を譲ってもらったりしているので目を瞑っておくあたりが妥当な線なのだろう。
霖之助は、そう心得ていた。

「こうなれば私も何か買った方がいいのかしら」
「おいおい霊夢、君までどうしたんだい?いや勿論大歓迎なんだけど」
「でも持ち合わせが無いのよね」
「そうくると思ったよ」

驚きのあまりに本に栞を挟むのも忘れて本を閉じてしまった霖之助であったが
霊夢の様子はいつものままだったので、かえってありがたく感じた。
今回の盛況ぶりには魔理沙が絡んできているとなれば、流石に不安も感じるというわけだ。

「魔理沙は何か言ってたかい?」
一体魔理沙が何をしているのか霖之助には見当が全くつかなかった。
だが確かにお客は来ている。本が狙いだということ明らかだ。

「特に?あ。さっき魔理沙とすれ違ったけど、紅魔館の方まで飛んでいってたわよ」
「何ぞ迷惑をかけてなければいいんだけど……」
「無理じゃない?本とかを目当てに何度も顔を出してるらしいから」

数少ない、きちんと対価を支払ってくれるメイドの顔が浮かぶ。
今度店に来たときには少しおまけでもつけよう、と霖之助は思うのだった。

「じゃあ、今回はツケで」
「今回『も』だろう……そうだ、帰り道に会ったらでいいから、魔理沙に言伝を頼めるかい?」
「ツケをチャラにしてくれるなr「却下」」

けち、と何処かで聞いたような言葉を霊夢は呟いていた。

「ここにくるように、でしょ?わかってるわよ。じゃあまた!」
「頼んだよ」

ちょっとばかり拗ねながら、巫女は袖とリボンをはためかせて、空を飛んで帰ったのだった。


[READ MORE...]
くそう
書けそうで書けない!というか、明日のことを考えると時間ががが。
…携帯で書いたネタでもいいよね!
くとぅるふ
クトゥルフ神話TRPGというのをプレイする機会がある。
それに付随する商品にクトゥルフと帝国、というのがあって、
それを眺めながら、あれこれと幻想郷が隔離された時代を妄想するのが楽しい。

ただ、ゲームそのもの時代考証に詳しい人間が混ざるとすごく遊びにくい。
つっこまれまくり、口先で言いくるめられてしまう。
その人の独壇場だ。いまは面白いけど、すぐに飽きる気がする。

でも東方の小説を書く資料だと思えば、意外と悪くない買い物だった。
そう思えば幸せである。

ナイトウィザード、というルールなら東方もできるのだろうか?
さいなん3
「何とか追い返したが……」

この調子だとまだ別の(自称)客が現れかねない。
そう気づいた霖之助は急いで看板を探す。
もちろん、『本日休業』の板である。

「くっ、どうしてこういうときには見つからないんだ!」

焦れば焦るほどに探し物は出てこない。
その理を認識しているが故に、より一層の焦りが霖之助を包んだ。
そのうちに板を探す手間よりも雨戸でも閉めて出かけるが良かろうと
思いたち、行動に移そうと決めるのに、そう時間はかからない。
だが変な客が来て、さらに看板を探して、やっとわかることもあった。

「そういえば食事をとってなかったな…」

氷砂糖を舐めたので、腹の虫がにわかに騒ぎ出したのだ。



「おや店主殿、まだ日も高いのに店仕舞いか?」
「おや慧音殿、まだ日も高いのにここまで買出しかい?」

ばったり、という表現がまさにふさわしい出会いだった。
というか戸板を持つ手が緩んで、本当にばったり、という音が鳴った。

「今日は寺子屋の休みだ。毎日開いてるわけでもないのさ。それに」
「それに?」
「魔理沙がやってきて、お客が入らないから行ってやってくれと」
「里にまで下りていたのか」
「猪じゃあるまいし、その言い方はないだろう」
「猛進するあたりは近い物もある気がするんだけどね……」

は、と短く息を吐いて戸板を立てるのを妥協して、そのまま元の位置に戻す。
こうなれば魔理沙に嫌味の一つでも言うまでは、霖之助も店を開けておくつもりだった。

「…どうしたんだい?」

いらっしゃい、と一応言いながら扉を開けたものの、肝心の慧音が入ってこないので
霖之助は首をかしげていた。何か手落ちでもあったのかと思いたくなる程度には
慧音は常識人なのだ。

「ふふ。いや、何かおかしくてな。くく……い、いかん。ツボにはまった。あはははは」
「????」


散々笑われて、霖之助は何となく不満になりながらも、お茶をすすって空腹をごまかすのだった。
さいなん2
魔理沙が飛び出してから半刻が過ぎた頃、霖之助は店の外になにやら気配を感じた。
普段は人気のない場所なだけに、尚のことそれが気にかかって仕方がない。
最初こそ放っておいた霖之助だったが、いい加減に痺れを切らして店の外に出てみることにした。

「どちらさま……って、何で地面に霜が!」
「冬らしくていいでしょ?」
「よくないよ。燃料だってタダじゃないんだ」

そこに居たのは湖に生息してる妖精の中でも別格の存在であるチルノだった。
ついでに、いつもいっぱいいっぱいでバカであると専らの噂である。

「あたい知ってるよ。いっぱい冷やすと冷たい水でもあったかいって」
「他所でやっておくれ」

話してくれるのは霊夢と魔理沙なので、霖之助は半分しか信じないことにしている。
が、確かにそういわれても仕方がなさそうな雰囲気ではあった。
いい迷惑なのでそのまま扉を閉めようとする。こんな氷の精霊がそばに居ては寒くてたまらない。
そう、霖之助は躊躇なく閉めるつもりだったのだ。チルノの一言を聞くまでは。

「えっと、あたいはお客さん?」
「ああ、お客……なんだって?」

言った本人ですら理解してないあたりがバカと呼ばれる所以である。
だが言われた方はたまった物ではない。こうなると商売人としては無視が出来ないのだ。

「おきゃく……」
「……何か欲しいものでもあるのかい?」
「お……おかし?おもちゃ?」

質問に答えようとした努力が、出てきた単語に垣間見える。
チルノが答えたのは、全て『お』が付くものだった。
まあそれくらいならば、と霖之助は考える。

「君にピッタリのおかしがある。だけど、あげるんじゃなくて交換だね」
「それがおきゃく?」
「そういうことになる。魔理沙が何か言ってたのかい?」
「何だっけ。ここにくれば凍らせる以外にも楽しいことがあるぜーって」
「な、何だって!?」
「だけど扉の向こうは熱そうだから、あたいの氷で冷やそうと思ったの!」
「いや、それは色々とまずいから勘弁してくれ」
「ふふん、やっぱりあたいは最強ね!」

最終的に、チルノが凍らせていた季節外れの花の一輪と、交換して商売を成立させた。
正直なところ期待してなかった交換対象だったが、全く氷が溶ける気配がないあたり、
実は凄い物なのかもしれない。

子供の相手に少し疲れた霖之助は、ストーブで暖を取りながらながら本を読み始めた。
魔理沙に持っていかれる前に、読みきってしまわなければならないからだ。

「霜、消えないのか……」

キラキラ光る地面は見ているだけで寒くて、口の中で溶ける、氷砂糖。

さいなん1
魔法の森の入り口にある香霖堂。店主は今日も店を開ける。

「お客が来ないのは店として寂しいものだね、まったく」
「お客だぜ」

霖之助の良く知る白黒魔法使いが現れる。
だが、彼はその魔法使いを一瞥してため息をついただけだった。

「魔理沙、お客様というのは品物の対価を渡してくれる相手の事を言うんだ」
「ちょっと借りてるだけなんだぜ」
「じゃあ返してもらおうか。目録はきちんと作ってあるから漏れなく回収できるよ」
「う゛」

そう言って固まる魔法使い――魔理沙を放置して、霖之助は本を手に取る。
今日読む本は剣豪小説で、これもまた無縁塚で拾ってきた物だ。

「今日は本でも読むかな」
「今日も、の間違いだろ」
「そうかもしれないし、そうでないのかもしれない」
「また変な本を読んだろ。ちょっと見せろ」

本に伸びる手をひらりとかわして、高く持ち上げて見上げるようにページを眺める。
これでは身長差のある魔理沙にはたまったものではなく、しばらくして諦めたようだった。

「お客の一人でも呼んで来たら考えてもいいかな」
「ケチだな、こーりんは」
「一応商売人なんでね」

ここで誤算が生じた。というのも、魔理沙が変なやる気を出してきたことだ。
指を折って何かを数えながら、段々と何かをたくらんでいる笑顔に変わってきている。
まずい、と霖之助は思った。だが止める術を思いつく前に突っ走られてしまうのが常である。

「じゃあ客を呼んできてやるよ。任せろ」
「何だって?」
「だから、客だよ。覚悟しとけよ?」
「いや、待っ」
「ヒャッホー!」

今回も例外ではなく、魔理沙は飛び出していった。そして、嵐がやって来る。
れんきん
連勤かつ練金。忙しくてかけなーい。
…書き溜めてアップしたいんですけどね。
しょうかん
魔法の森の入り口にある香霖堂。店主は今日も本を読む。

「貴方にも出来るお手軽な召還術……どれどれ」

今日手に取っていたのは、召還術についての本だった。
物は試しと、暇なのをいいことに試してみる。無論客の来る気配など、全く無い。

「手順は簡単。相手を迎えるための状況を用意した状態で来て欲しくない相手を思い浮かべる、か」

霖之助は考えた。ここは店。他人を迎えるための準備、即ち概念は既に出来上がっている。
これを客を迎え入れる発動式と見立てて、来て欲しくない相手を思い浮かべる。
例えば霊夢のように品を強奪していく相手―ー

「霖之助さん、お茶をもらいに着たわよ!」

術は成功したようだが、これは単なる思い込みではないか。
そんな事を呟きながら奪い去られていく茶葉を防衛すべく、巫女である博麗霊夢との交渉に入るのであった。
うぁぁ
せっかく書いてみた小説が消えたのでたいそうへこみました。
くずようかん
魔法の森の入り口にある香霖堂。
儲からないけど潰れない程度の能力を有してるっぽいお店。
今日も店主が本を読みながらお茶をすすり、ついでに客を待っている。

「よう香霖。相変わらず儲かってないな」
「君が買い物をしてくれれば儲かるんだがね」

入ってきたのはお客じゃなかった。霖之助の分類で言えば魔理沙にあたる。
魔理沙の名前は魔理沙といい、魔法を使うこともある人間という噂もある。
事実、人間なのだけど。

「ちょっと借りてくだけだって。死ぬまでな」
「それじゃあレンタル料を払ってくれないかな?」
「れんたる?」
「貸し賃と言えば通じるか」
「おお、更にお金をくれるのか?悪いな香霖」

それはひょっとして冗談で言っているのか、と霖之助は思ったが気にしないことにした。
彼女とは終始こんな感じだ。およそ真っ当な価値観など持ち合わせていない。

「と、今日は何の用事だい?特に新しい品は来てないし、ミニ八卦炉はこの前調整したばかりなんだが」
「何だよ。用が無ければ来るなって言いたいのか?」
「そうは言わないが、手に包みを持っているからね」

ああ、と魔理沙は包みを解いて中からお菓子をとりだしてきた。
竹の皮にくるまれていたのは、透き通る皮が餡子を包んだ一品。

「どうだ!くずようかんだ」
「ほほう」

どこから盗んできたんだい、と言いかけたがさすがにそれは憚られた。
手元にお茶、目の前に美味そうな菓子があるのだから、それを逃す手は無い。

「で、これはどうしたんだい?」
「実は――」

渋くなった口の中に、ぷつりと音を立てて切れる、ほのかに甘い葛の皮。
そして甘い、その中身。
はじめての日記
とりあえず作ってみよう、という気分になったので作ってみました。
三日坊主にはするまいと思いますが、いつまで続くのかサッパリわかりません。
陸の孤島ならぬネットの孤島になるかもしれませんが、頑張って続けてみようかと。
[READ MORE...]


プロフィール

ぽんこつたぬき

Author:ぽんこつたぬき
春が来たら冬眠から覚める獣。
リンク、転載は許可無しでも可。

小説っぽい何かが読みたい人は
東方タグを押すと楽です。

twitter -> ponkotsutanuki



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ありがたい来客者



ブログ内検索



RSSフィード



素晴らしいリンク先

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。